InfoEddyへのフレッツ接続設定 MacOS X 版


はじめに
MacOS Xは、Apple社製のソフトウェアです。
ここでは『MacOS X』に標準で搭載されているネットワーク設定による『フレッツ・ADSL』への接続方法を記述いたします。
なお、『フレッツ・ADSL』接続はNTT西日本殿の『フレッツ・ADSL』サービス、『Bフレッツ』接続はNTT西日本殿の『Bフレッツ』サービスのご契約が必須となります。
下記の内容は全て会員登録にある情報です。設定する時は必ず、会員登録通知書が手元にある状態でお願いいたします。
以下の設定はフレッツ・ADSL接続を例にして解説いたしますがBフレッツの場合も同様に設定する事が可能です。

接続するとき用意するもの
 1.OS(オペレーションシステム)がMacOSXのPC
 2.ADSLモデム
 3.InfoEddyのフレッツ・ADSL接続用会員登録通知書


セットアップの方法
(1) アップルメニュー』より『システム環境設定』を起動します。(下図1)


図1

(2) 表示されたウィンドウ上の『ネットワーク』(下図2)を起動します。
どちらを起動しても同じく表示されます。


図2

(3) 起動したウィンドウ中部の『場所』から『新しい場所』を起動します。(下図3)


図3



(4) 新しい場所の名前(設定名)』を入力します。(下図4)
入力後、『OK』をクリックします。
注)ここでは『InfoEddyADSL』と入力していますが他の名前でも特に問題はありません。


図4

(5) 表示』を『内蔵Ethernet』に変更します。(下図5)


図5

(6) PPPoE』タブをクリックします。
入力項目に必要な情報(表1)を入力します。(下図6)


サービスプロバイダ InfoEddyADSL
注)こちらも名称ですので何を入力して頂いても問題ありません
PPPoEサービス名 フレッツ・ADSL
注)こちらも名称ですので何を入力して頂いても問題ありません
アカウント名 フレッツ・ADSL接続用ユーザ名
パスワード フレッツ・ADSL接続用初期パスワード
*パスワードの保存につきましてはご自由にお願いいたします。
*入力の際は『InfoEddy会員登録通知書(フレッツ・ADSL接続用)』をご覧になり入力をお願いいたします。
表1



図6


(7) 『PPPoEオプション』をクリックします。(下図7)
下記のようにチェックを入れて頂き、『O.K』をクリックします。
図6に戻ります。


図7

(8) 『TCP/IP』タブをクリックします。
入力項目に必要な情報(表2)を入力します。(下図8)

設定 PPPを使用
ドメインネームサーバ 入力不要です
検索ドメイン 入力不要です
表2



図8

(9) プロキシ』タブをクリックします。(図9)
特に設定の必要はありません。
なお、『AppleTalk』タブも同様に設定の必要はありません。


図9


(10) 設定が終了しましたら左上の終了ボタン(図10)をクリックします。
そうしますと変更点の保存の確認ウィンドウが表示されますので『保存する』をクリックし終了してください。(図11)


図10

図11



以上で設定は終了です。