■ InfoEddyのコンピュータウィルス情報 10
  No.10 メール送信型ワーム『WORM_KLEZ』についての情報
 
  ウイルスを拡散するワーム活動やPCのデータの破壊活動を行うワーム『クレズ』とは
    クレズ』は現在大流行しているワームで感染すると自身を添付したメールを送信したり、ネットワーク上での共有ドライブにコピーして増殖し感染活動を行う非常に感染力の高いウィルスです。
このウィルスの特徴は感染したコンピュータ内のファイルから任意のメールアドレスを取得し、メール送信時に差出人(Fromアドレス)としてメールを送信します。
このことにより差出人(Fromアドレス)のコンピュータが実際にはウィルス感染しておらず、メールの送信者ではないといった事が多発しています。

  感染経緯
    このクレズの感染メールはInternet Explorerのセキュリティホールを利用して、メールをプレビューしたり、フォルダを開いた時に左側に表示されるファイルのプレビューでも感染します。
 
  感染を防ぐ方法
    感染を防ぐにはOutlook Expressなどでメールをプレビューしない設定(※)にする他、Internet Explorerなどの修正プログラムを適用するようお願いいたします。

『Outlook Express』でメールのプレビューをしない方法
 
  詳しい情報は…
    下記ホームページをご覧になり、より詳しい情報をご覧下さい。
クレズ対策Web
http://www.trendmicro.co.jp/klez/

SYMANTEC社のページ
http://www.symantec.co.jp/region/jp/sarcj/data/w/w32.klez.gen%40mm.html
 
  もし感染したら…
    上記ホームページをご覧になり、対応を宜しくお願いいたします。
下記ページにて駆除ツールが公開されておりますので使用してみてください。
http://www.trendmicro.co.jp/klez/tool.asp
根本的な解決・予防には専門のアンチウィルスソフトをご購入して予防していただく事をお勧めいたします。
尚、上記のTREND MICRO社のホームページにはオンライン上でウィルスチェックも出来ます。是非、一度お試しください。