Outlook Expressでの設定確認方法


ここでは一般的によく利用されています、Microsoft社の『Outlook Express』の設定確認方法を掲載いたします。
こちらをご覧頂き、設定時にご利用下さい。
なお、設定時には必ず『InfoEddy会員登録通知書』をお手元にお持ちくださいますようお願い申し上げます。


Microsoft Outlook Express 設定確認方法
1. Outlook Expressを起動します。
2. ツール』(図1)をクリックし『アカウント』(図2)を起動します。
InfoEddyのメール設定をクリックした状態(選択された状態)で右側の『プロパティ』を起動します。

- 図1 -

 
- 図2 -

3. メールアカウント』、『名前』、『会社名』、『電子メールアドレス』、『返信アドレス』をご確認下さい。確認項目は以下の通りです。

メール アカウント 図2で表示されるアカウント名(必須項目)
名前 メールに付属して届く名前もしくはハンドルネーム(必須項目)
会社名 会社名など
電子メールアドレス 会員登録通知書に掲載されている電子メールアドレス(必須項目)
返信アドレス 返信してもらいたいアドレス

- 図3 -
4. サーバー』タブをクリックします。(図4)
受信メール(POP3)』、『送信メール(SMTP)』、『アカウント名』、『パスワード』などをご確認下さい。確認項目は以下の通りです。
セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする』にチェックが入っている場合はチェックを外しておいて下さい。

受信メール(POP3) 会員登録通知書の電子メールサーバー名(POP3,SMTP)(必須項目)
送信メール(SMTP) 会員登録通知書の電子メールサーバー名(POP3,SMTP)(必須項目)
アカウント名 会員登録通知書のメール用ユーザー名(必須項目)
パスワード 会員登録通知書のメール用初期パスワード
パスワードを保存する場合は『パスワードを保存する』にチェックを入れておいて下さい。

- 図4 -
5. 接続』タブをクリックします。(図5)
通常は『このアカウントには次の接続を使用する』にチェックを入れる場合も入れない場合もどちらでも受信等に影響はありません。

チェックを入れない場合(図5)
通常はこちらを選びます
パソコンのインターネット接続を参照して接続等を行います
チェックを入れる場合 うまくメールサーバに接続できない場合や通常のインターネット接続を使わず別の接続方法でメールの送受信を行いたい場合に利用します。
(通常の接続が別プロバイダでメールの送受信のみInfoEddyを利用する場合など)


- 図5 -

以上で設定の確認は終了です。
楽しくご利用ください。


Copyright (C)2004 Fujitsu Shikoku Systems Limited.All Rights Reserved.