電子メールについて


電子メールとは
 電子メールとはネットワーク上でのコンピュータ同士のコミュニケーション手段(ツール)の一つでコンピュータ同士でメッセージを手紙のようにしてやり取りできるツールです。
 インターネット上では電子メールアドレスを取得している人は出したい時に、出したい相手のアドレスに向けて電子メールを発信できます。メールの受取人は、プロバイダ(ホスト)にあるメールボックスを確認し電子メールが届いていればメールをダウンロードします。受信したメールは自身のコンピュータにインストールされているメールソフトを使って電子メールを受信したり送信したりします。


 電子メールの長所
   デジタルデータのため再利用が容易(但し、利用目的によっては差出人の許可が必要)
   相手の様子を伺わなくてもよい(相手の見たいときに届く)
   高速
   料金が安い(受信者の距離を問わず一定料金)


 電子メールの短所
   相手が読んだかどうか確認ができない
   (開封確認の要求が出来るメールソフトもあります)
   まれに文字化けすることがある(デジタルデータの文字コードの違いなど)
   まれに届かない場合がある(ネットワークの混雑やメンテナンスなど)




電子メールの主な設定方法
 電子メールを利用するにはソフトが必要となります。そのメールソフトには様々な情報を設定をする必要があり、以下に一般的に必要とされる設定内容を示します。

主な電子メールの主な設定内容
お名前 ここで設定した名前が電子メールの差出人の名前になります。
場合によっては会社名等を設定する場合があります。
電子メールアドレス 会員登録通知書にある電子メールアドレスを設定して下さい
受信サーバー名
(POP3サーバー名)
会員登録通知書の『受信メールサーバ名(POP3)』をご確認下さい
送信サーバー名
(SMTPサーバー名)
会員登録通知書の『送信メールサーバ名(SMTP)』をご確認下さい
ユーザー名
POP3ユーザー名
アカウント名
メール用ユーザー名(ソフトによっては電子メールアドレスの場合もあります)
パスワード メール用初期パスワード

電子メールはメールを「サーバに残す設定」と「サーバに残さない設定」と2種類設定できます。通常は「電子メールを残さない」設定にすることをお勧めします。
InfoEddyではセキュリティ強化の為、外部ネットワークから接続してInfoEddyのメールサーバからメールを送信する場合に限り、メールを受信しないとメールの送信が出来ない形(POP Before SMTP)を取らせて頂いております。
外部ネットワークにてInfoEddyのメールをご利用いただいているお客様には大変お手数ですが、一旦メールの受信を行って頂いた後にメールの送信をお願いいたします。
InfoEddyでは発信者アドレスを偽造したメールの転送、ソースルーティングメールの転送等の不正なメール中継を排除するようにしました。
これにより、InfoEddyのメールアドレスからの発信、InfoEddy宛へのメールの着信以外のメール中継は行いません。
詳細につきましては【外部ネットワークからのメールの送信方法】をご覧下さい。



電子メールの使い方
 最近は単なるコミュニケーションツールだけでなく色々な用途に使われている電子メールですが、メインはやっぱり手紙を読み書きすることです。ここではメールの受信と送信の際に記入する事とその用語に付いて説明します。

★メールの受信の仕方
 メールの受信の仕方は簡単です。ソフトによってまちまちですが、その殆どがメールソフトを開くと接続し、メールを受信する仕組みになっています。また接続し続けている場合などは自動的にメールをチェックする機能があります。

★メールの送信の仕方

電子メールの入力方法
宛先 ここには出したい送信先メールアドレスを入力します。
CC、写し
(カーボンコピー)
送信先メールアドレスを入力します。
(同内容のメールを複数の宛先に送信する場合にこちらに入力します)
BCC
(ブラインドカーボンコピー)
送信先メールアドレスを入力します。
(同内容のメールを複数の宛先に送信できますが受信者には誰に送信したかが分かりません)
題名 ここにはメールの題名を書きます。
添付 メールに添付するデータファイルを選択して下さい。
データ量が過大な場合は受信側が受信できない状態になる場合がありますので気をつけましょう。
内容(本文) メールの本文を入力して下さい。


 上記の項目に記入が終わりましたら、送信ボタンを押して下さい。そうするとメールが相手の元に送られます。(一部のメールソフトでは送信を押すと送信フォルダに送られるものがありますのでその後、送受信のボタンを押して下さい)

電子メールのエチケット
 電子メールはコミュニケーションツールですのでエチケットには注意しましょう。

★メールのエチケット
 本文は適当なところ(30字前後)で改行しましょう。
 本文には半角カナを使わないようにしましょう。(文字化けの原因になります)
 返信の場合、引用は程々にしましょう。
 送信する時、今一度内容を確認するようにしましょう。(一度送信すると訂正はできません)

ウイルスについて
最近、メールに添付されて蔓延するウイルスが流行っています。
こちらを回避する方法はいろいろありますが、最も重要な回避方法は『送信元が不明なメールの添付ファイルは開かない』という事です。
必要ないと思われるファイルは極力開かないように気をつけてご利用下さい。
なお、InfoEddyではウイルスチェックサービスの提供を始めました。
こちらのサービスもご確認下さい。