FFFTPによるFTPの方法


FTPってなに?
FTPというのはFile Transfer Protocol(ファイル転送プロトコル)の略。FTPは自分で作ったホームページのファイルをWWWサーバーに送受信する時などにご利用頂けます。テキストだけでなく画像などのバイナリデータも送受信できる仕組みのこと。

FTPを使うには何が必要?
ご自分のコンピュータがインターネットに接続されている必要がありますが、同時にFTP専用のソフトが必要です。WindowsOSには標準でftpソフトが付属しておりますが、コマンドを入力しなくてはならないため、ご利用しづらい可能性がある為今回はWindows環境でフリーソフトの"FFFTP"を使用して説明します。

FFFTP』のダウンロードをしましょう
FFFTPのダウンロードサイト
Vector等、ダウンロードサイトから『FFFTP』をダウンロードして下さい。

FFFTPを解凍しましょう
先ず最初にダウンロードしたファイルはexeファイルです。
こちらをダブルクリックするとインストールが出来ます。
インストールが完了すると以下のアイコンが作成されます。



FFFTPを設定しましょう
インストールが終わるとフォルダが出来ています。

それではFFFTPのアイコンをクリックしてFFFTPを実際使ってみましょう。

1.アイコンをダブルクリックすると接続画面(下図)が出てきます。
ここで『新規ホスト』をクリックします。

 

2.『ホストの設定』ウィンドウが表示されますので下表に従いまして設定をお願いいたします。



ホストの設定名 ここは設定名ですので何を入れていただいても結構です
ホスト名(アドレス) www.infoeddy.ne.jp
バーチャルドメインの方はデータ登録用ホスト名をご入力下さい。
ユーザ名 データ登録用ユーザ名
通常はメールのアカウント(ユーザ名)と同じです。
バーチャルドメインの方はデータ登録用ユーザ名をご入力下さい。
パスワード
パスフレーズ
データ登録用初期パスワード
通常はメールの初期パスワードと同じです。
バーチャルドメインの方はデータ登録用パスワードをご入力下さい。
ローカルの初期フォルダ お客様が作成したHTMLデータが入っているフォルダ
上記の図では例として【c:\my-homepage】を入力しております。
ホストの初期フォルダ /www


3.ホストの一覧』画面に戻りますのでそのまま下の『接続』をクリックして下さい。

 

4.FFFTPの使い方

 

a.環境設定

 下図のようになっていれば宜しいです。

 

 ここは『ファイル名で切替』にしておいて頂ければ宜しいです。
 その他の物でも問題はありませんがファイルによって切替が必要になる場合があります。

 

 ここは何処にチェックを入れて頂いても宜しいですがファイル名は大文字か小文字かに統一しておいた方が宜しいかと思います。

b.データ形式による変換

 上の環境設定が出来ていればファイルによるアップロードの方式の変換はありません。
 自動認識でうまくアップロードできます。

c.アップロード方法

 アップロードの方法は基本的にドラッグアンドドロップです。
 左側がローカルのフォルダ、右側がサーバ側のフォルダとなります。
 左側にあるアップロードしたいファイルをドラッグして右側にドロップして下さい。

d.確認してみましょう

 アップロードか完了したら確認してみましょう。
 そこでうまく表示できない場合は何か問題があるはずです。
 下記の『FTPの際の注意』を見て頂き確認をお願いいたします。



FTPの際の注意
HTMLファイルの拡張子に関する大文字小文字の注意
ローカル(パソコン上)では大文字小文字の区別は無いですが、サーバに送ると大文字小文字の区別があります。リンクなどに支障が出ます。特に拡張子は全て大文字か小文字で統一しましょう。

HTMLファイルの命名についての注意
HTMLファイルのファイル名を日本語にしたり、空白(スペース)を入力する方がいらっしゃいますが、こちらはホームページを閲覧するソフトにより閲覧する事が出来ない場合が発生する事がありますのでなるべくつけないようにしましょう。

トップページの注意
InfoEddyではトップページのファイル名は『index.htm』または『index.html』、『welcome.html』、『welcome.htm』となっております。